ペンダントの魅力を紹介|デザインの選び方とは

スイスの高級時計ブランド

歴史と特徴

ウォッチ

オーデマピゲとはスイスの高級腕時計です。1875年にジュルールイ・オーディマとエドワールオギュースト・ピゲという2人が、ブランドを立ち上げて創業しました。ここから高級時計オーデマピゲは、世界中のセレブに愛用される時計として、その名を広く世に知らしめることとなったのです。オーデマピゲは製造開始当初、懐中時計の製造に力をれており、次第に小型化され需要と共に腕時計へと生産体制がシフトチェンジされました。オーデマピゲは1946年に世界初の薄型腕時計での手巻きムーブメントを発売し、その後のモデルチェンジでドレスアップ化され、高級時計の名前をほしいままにしました。日本で高度経済成長期となったころ、オーデマピゲの需要も右肩上がりで、世界のVIPが集まる社交界やパーティーなどでセレブがオーデマピゲをしていることが話題になりました。代表的なモデルに「ロイヤルオーク」がありますが、1972年に発売されると世界初のステンレス製ボディが話題になり、シンプルさの中にシャープさと丈夫さ、スポーティーさを兼ね備えたフォルムが高評価となりました。特徴的であったのが舷窓をイメージした8角形のベゼルの角にねじ止めをしたような装飾に、ケースとベルトと一体化したデザインです。それまでのケースとベルトのコンビネーションとは異なる概念であったため、そのシャープで高級感のあるシルエットに業界の注目が集まりました。スイスには高級時計が多く存在しますが、オーデマピゲのようにシンプルでありながら高級感を持つものはほかに無いと言っても過言ではありません。

一貫生産をしています

男の人

オーデマピゲはイギリスの装甲艦から着想を得た時計ブランドのことです。一般的な時計ブランドはムーブメントをメーカーから購入して時計を作成するメーカーがほとんどです。しかしながら、オーデマピゲは一貫生産を行うという強いこだわりを持っています。オーデマピゲが人気の理由はそのスタイリッシュなデザインをしていることです。その八角形のベゼルはラグジュアリーな時計の象徴です。重厚感のあるデザインで男らしさを演出してくれます。また、定期的にデザインを一新していることも魅力の1つです。自分の好みのデザインがなくても何年か経過したら一新されている可能性があります。近年はイエローゴールドのバリエーションを豊富にしているので、興味のある人は確認してみるといいでしょう。もちろん、従来から人気のあるものもあります。グランド・タペストリーの模様が施された文字盤のある時計がその代表格です。さらに、オーデマピゲは一貫生産しているため、生産コストが料金に上乗せされて、通常の時計よりも料金は若干高いです。相場料金としては200万円前後です。ただし、その分だけ技術力が集約されているので、時間の正確さは他の追随を許しません。こうした点も人気の理由の1つになっています。オーデマピゲは外装にもこだわりがあって耐久性を高めるために硬い素材が用いられています。そのため、他の時計は製作に120時間程度ですが、オーデマピゲは外装の製作に600時間もかけています。

信頼できるお店を探して

腕時計

オーデマピゲは高級時計メーカーで、世界三大時計メーカーのひとつとして数えられています。高価なオーデマピゲは販売しているお店が限られていますが、購入するにはどのような方法があるのか、いくつか把握しておきましょう。まず、インターネットでオーデマピゲを販売しているお店を探す方法がありますが、必ず正規品の取り扱いがあるところを探してください。オークションに出品されているのを見つけるときもありますが、購入するときはしっかり確認するようにしましょう。ホームページで取り扱いのあるモデルを紹介しているお店もあるので、探しているモデルの名前から検索してみるのもひとつの方法です。腕時計はオーデマピゲに限らず、実際に試着をして選んでいただきたいので、インターネットで探したお店でも、なるべく直接足を運んで実物を見てほしいです。もし近くにお店がなく、通信販売を利用するときは、クーリングオフなどの返品に対応してくれるところを選ぶのが良いかもしれません。ただし、ベルトの長さやブレスを個人に合わせて調整した場合は、返品ができないことが多いので注意してください。中古品でも一定の価値を持つオーデマピゲは、古いものでも高額です。中古市場で購入するときも、保証やメンテナンスに対応しているお店を選ぶのがオススメです。なお、スイスのメーカーなので本社はスイス、レマン湖地方にあります。海外旅行に行きながら寄ってみるのも豪華な旅になりそうです。